本の内容のように簡単に来ることは警戒しなければなりません

皆さんは保険会社の商品も財テクに必須だと知っていましたか? その理由は貯蓄性保険というものが存在するからです。 このことを知らなかったら、保険でお金を貯めることができるという話が理解できないかもしれません。 ところが、そういった商品は明らかに存在しますし、うまく活用すればお金を集めるのにかなり有利です。 その理由は3つにもなります。

皆さんが基本的に総合保険、健康保険、子ども保険として加入されている商品は保障性保険です。 これではお金を貯められません。 ただ毎月納付していつか怪我をしたり病気をした時に巨額の医療、診療費、治療費などに対する負担を減らすために加入するのが保障性保険です。 反対に貯蓄性保険はお金を集めて納期が終わった時、確定金利と非課税の特典で私がきちんと貯めておいたお金を中年期や老後に安全に税金を納めずに納期した金額の全部と毎年上がる確定金利で集めたお金を様々な用途で使うことができる機能

があるんですよ。貯蓄性保険についてもう少し詳しく調べてみることにしましょう。

保険会社の貯蓄商品が資金を集めるのに有利な第一の理由は、現在の銀行界では見られない高金利! です。保険会社が顧客から受け取った保険料を積み立てるのに適用する金利を「公示利率」と言います。폰테크 簡単に言うと、銀行の金利を保険会社では公示利率ということですよね。 公示利率は普通銀行の預金金利より高く形成されます。

しかし、私が強調したいことは確定金利です。 貯蓄性保険で使用できる保険商品のうち納付が済んだときから元金にいくらかの(保険会社ごとに異なる)のパーセンテージを加えた後、確定金利が毎年上がる商品です。 私は財テクのやり方についてお教えしますので、商品についての説明はしないようにします。 でも、私が説明したことが本当なら、このことが分からなかったということに、少しは驚きませんか?

銀行の金利、果たして何%でしょうか。 私の個人的な考えではその時の私は金利を見れば, こんなのが存在すると言うようです.

「保険会社の貯蓄商品が資金を集めるのに有利な3番目の理由は、利子を複利でくれるためです」 貯蓄性保険は年複利で金利が計算されますが、銀行の金利より公示利率も高く、ひいては複利で計算されます。 複利が単利商品より有利だということは、後で詳しく説明します!

それでは、この様に多くの長所を見てきましたが、なぜ周りでは貯蓄性保険でお金を貯めたと自慢する人が一人もいないのでしょうか? その理由は貯蓄性保険の致命的なデメリットが存在するからです。 まさに事業費! 「事業費」とは保険会社が保険契約を誘致、管理するために顧客が支払った保険料のうち一定部分を管理するお金のことを言います。 銀行で積立預金をすると、銀行は皆さんのお金をすべて貯金してくれますが、保険会社は営利組織なので事業費を天引きします。 これを計算してみると結局自分のお金が 奪われる感じが少しするかもしれません。

では、事業費はいくらもらいましょうか。 事業費は会社によって商品によって取り外すサイズが異なります。 そして、加入してから時間が経つにつれ、取り外す比率も変わります。

最近株式市場の話題とあいまって私も株を始めたジュリンで、関心をたくさん持つようになって最近経済ゼテック関連特に株式に関する本をたくさん読んでいるようです。 もちろん、本を読んだからといって、みんな金持ちになり、株が上手くなったのなら、皆、本を読むでしょう」。 しかし私はそれより分からないことを習得して自分だけの株式投資哲学や中心を取るために本をずっと読んでいます。

最近は、ユーチューブが情報が多く、本を読む必要がなく、ユーチューブや検索して情報を得るのが早いという人も多いですが、それでも私は本を読み続けながら、付随的にユーチューブ情報を頭に入れています。 普段の実生活とは少し離れている本をたくさん読んで生に適用するのに無理があるものも多くて、浮雲をつかむ話だったら確かに周りですぐ起きて私ができることだから心にもっと触れてもっと面白く読めることもあると思います。

著者は望む人生を生きるために冷徹さも必要だが、肯定的な考え方とそこから出てくる大きな力を確実に信じなければならないと強調しています」 何ヶ月か1~2年やってみて、変わらないと愚痴を言わずに継続して実践するようにと強調しています。 著者も経済的な困難や問題が差し迫ったとき「どうしよう」と心配するよりは「どうすればもっと上手くいくのか」「どうすれば収入がもっと増えるのか」をずっと悩んできたと述べています。 今の本人の姿は、過去に本人が傾けた努力の結果物であり、これからの人生も本人の今話す言葉や考え、そして何よりも行動が決定することでしょう

답글 남기기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다